夏を涼しくするための機器
夏を涼しくするための機器は、主に扇風機、冷風扇(ミストファン)、冷風機(スポットエアコン)、窓用エアコンの特徴、壁掛けエアコンの5種類です。 それぞれの長所、短所は以下のようになります。詳しくは右のメニューをクリックしてください。
扇風機
長所は、電気代が安いことで、1日に10時間くらい使っても、DCモータータイプのものなら1ヶ月の電気代は数十円程度、ACモータータイプのもでも1ヶ月の電気代は数百円程度。
短所は、体のまわりの空気を移動させたり、体から気化熱を奪うだけなので、気温を下げることはできないから、気温が高くなるほど効果を感じにくくなる。
冷風扇(ミストファン)
長所は、手軽に移動できることと、電気代が安いことくらい。
短所は、水の気化熱で空気の温度を下げるシステムなので、空気の噴出し口の気温が2度くらい下がる程度で、湿度が高いときや気温が30度以上だとほとんど涼しさは感じられない。 また、湿度が上がるから密閉した空間では使えないし、カビが生えやすくなる。
冷風機(スポットエアコン)
長所は、手軽に移動できることと、基本動作はエアコンと同じなので、冷風扇よりは温度を下げる効果があること。
短所は、動作音が大きいことと、後ろから出る暖かい空気を外に排出する必要があること。
窓用エアコン
長所は、取り付け業者に頼まなくても自分で取り付けられることと、あまり広くない部屋であれば部屋全体を涼しくできること。
短所は、動作音が大きいことで、就寝時にエアコンを使いたい人は壁掛けエアコンにした方が無難。
壁掛けエアコン(セパレ−トエアコン)
長所は、音が静かなことと、ほとんどがインバータ式なので他の冷房機器より省エネであること。
短所は、あまりないけれども強いて言えば、室外機の設置場所が必要なことくらい。

結論:お金と設置できる環境があるなら壁掛けエアコン(セパレ−トエアコン)にするべし。

エアコン(壁掛けエアコン)の選び方

壁掛けエアコンの欠点は取り付けば所を選ぶことぐらいなので、壁掛けエアコンを取り付けられる環境なら、壁掛けエアコンを取り付けるのが一番の暑さ対策です。

お金に余裕があれば、省エネ対策効果の高い高級機を買うに越したことはありませんが、
5万円程度の安いものでも音の大きさや消費電力などは冷風機や窓用エアコンよりも、はるかにましです。

壁掛けエアコン選びの参考

壁掛けエアコンは、冷房能力や暖房能力によって取り付ける部屋の大きさの目安がありますが、部屋の大きさギリギリの能力のものよりも1ランク上の能力のものを選ぶと猛暑でも余裕を持って使うことができます。

・付加機能機能について
最近の壁掛けエアコンは、体感センサー、空気洗浄、除湿、加湿、除菌、脱臭、衣類乾燥、換気、内部乾燥、フィルター自動洗浄など、これでもかと言うくらい色々な付加機能がついています。
付加機能が増えれば増えるほど価格も高くなるので、本当に必要かどうかをよく吟味して購入したほうが良いでしょう。

・省エネ基準達成率
省エネ基準達成率の高いエアコンを選ぶに越したことはありませんが、省エネ基準達成率が高いほど価格も高くなっているので、一概には決められません。
お金の節約を考える場合は、1日の使用時間などを考慮する必要があります。
一日の使用時間が長いほど省エネ基準達成率の高いものが良いことになります。

普及機種と省エネ基準達成率の高い高級機種では、一般的な使用で電気代が一年間で平均して3000円くらいの差になるようなので、価格で10000円くらいの差なら3〜4年で元が取れることになります。

・取り付け条件
200Vのものを取り付ける場合や電源の容量が足りない場合、コンセントの形状が合わない場合などは、別途電気工事が必要になる場合もあるので、事前に確かめておきましょう。

・扇風機と併用で省エネ対策
壁掛けエアコンの設定温度を2度くらい上げても扇風機を併用すると体感温度があまり変わらないので省エネ対策になります。

posted by 江阿紺 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷房機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101665227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック