夏を涼しくするための機器
夏を涼しくするための機器は、主に扇風機、冷風扇(ミストファン)、冷風機(スポットエアコン)、窓用エアコンの特徴、壁掛けエアコンの5種類です。 それぞれの長所、短所は以下のようになります。詳しくは右のメニューをクリックしてください。
扇風機
長所は、電気代が安いことで、1日に10時間くらい使っても、DCモータータイプのものなら1ヶ月の電気代は数十円程度、ACモータータイプのもでも1ヶ月の電気代は数百円程度。
短所は、体のまわりの空気を移動させたり、体から気化熱を奪うだけなので、気温を下げることはできないから、気温が高くなるほど効果を感じにくくなる。
冷風扇(ミストファン)
長所は、手軽に移動できることと、電気代が安いことくらい。
短所は、水の気化熱で空気の温度を下げるシステムなので、空気の噴出し口の気温が2度くらい下がる程度で、湿度が高いときや気温が30度以上だとほとんど涼しさは感じられない。 また、湿度が上がるから密閉した空間では使えないし、カビが生えやすくなる。
冷風機(スポットエアコン)
長所は、手軽に移動できることと、基本動作はエアコンと同じなので、冷風扇よりは温度を下げる効果があること。
短所は、動作音が大きいことと、後ろから出る暖かい空気を外に排出する必要があること。
窓用エアコン
長所は、取り付け業者に頼まなくても自分で取り付けられることと、あまり広くない部屋であれば部屋全体を涼しくできること。
短所は、動作音が大きいことで、就寝時にエアコンを使いたい人は壁掛けエアコンにした方が無難。
壁掛けエアコン(セパレ−トエアコン)
長所は、音が静かなことと、ほとんどがインバータ式なので他の冷房機器より省エネであること。
短所は、あまりないけれども強いて言えば、室外機の設置場所が必要なことくらい。

結論:お金と設置できる環境があるなら壁掛けエアコン(セパレ−トエアコン)にするべし。

窓用エアコンの特徴と取り付け

1.窓用エアコンの特徴
窓用エアコンは冷風機を窓に固定しているようなもので、特徴は冷風機とあまりかわりません。

冷房能力は壁掛けエアコンよりも小さいので、部屋全体を冷やせるのは6畳程度までくらいと思っておいたほうが良いでしょう。
あまり広い部屋に窓用エアコンを付けると、フル稼働の時間が長くなって電気代が高くなります。

窓用エアコンの最大の欠点は音が大きいことです。
冷房運転中もけっこう大きい音がしますが、特に気になるのが運転切り替え時の音です。
窓用エアコンはインバーター化されてない機種がほとんどなので、冷房の運転と停止を断続的に繰り返すので切り替え時にガクンと音がします。
私の家にも窓用エアコンがありますが、音が気になって就寝時には使えません。

価格は壁掛けエアコンの安いものとそんなに差はないので、どちらにするか迷っているなら少しお金をたして壁掛けエアコンを取り付けることをお勧めします。

2.窓用エアコンの取り付け

窓用エアコンは、業者に頼まなくても1人でも取り付けられるのが良いところですが、けっこう重たいので女性はだれかに手伝ってもらったほうが良いでしょう。
特に二階以上の窓に取り付ける場合は、誤って本体を落とす可能性もあるので慎重に取り付けることが必要です。
窓のサイズや形によっては、取り付け説明書通りに付けられない場合もあるので、買う前に窓の寸法などをよく確認しておきましょう。

また、窓用エアコンを取り付ける窓のすぐ近くに隣の家の窓があるような場合は、騒音トラブルになる可能性もあるので、事前に報告しておいたほうが良いでしょう。

posted by 江阿紺 at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷房機器